続・新年会&3周年記念ワイン会レポート@ヴェール・エ・ブランさん

先日のレポートの続きです。

よろしければ、前半もご覧ください。

http://ameblo.jp/winestyles/entry-11139453606.html

Wine Stylesのブログ
さて、お料理は進み、メインのお肉登場です。

この日は、子羊のグリルが登場です。

子羊といえば、合わせるワインはやはりボルドーがいいでしょう!

この日は何だかタイミングよく、私が好きなボルドーワインがいたんですねぇ。

個人的に大好きなサン・ジュリアンのワインが登場しました。

Wine Stylesのブログ

シャトー・ラランド・ボリー 2009

最近飲まないうちにラベルが白からオレンジに変化しておりました。オレンジのほうが所有者がわかりやすいですね。

ワイン名からも分かるようにこのシャトーのオーナーは、格付2級のシャトー・デュクリュ・ボーカイユの所有者でもあるボリー家です。

ジャン・ユージーン・ボリーが、1970年にシャトー・ラグランジュの畑の一部を購入し、1978年にファースト・ヴィンテージをリリース。

現在は娘サビーネと娘婿のブルーノ・ユージーンが所有し、特に2000年以降は高評価を得るシャトーになっています。

2009年は、某評論家も88~90点を付けているようにカシス、ブラックベリーのフレッシュで凝縮感ある果実味ときめ細やかでシルキーなタンニンがバランスよく、若いうちから楽しめるスタイルに仕上げられていました。

子羊との相性は言うまでもなく良かったですね~

Wine Stylesのブログ
こちらは、フランス在住のお客様が、ヴェール・エ・ブランさんの3周年様にプレゼントされたワインだったのですが、なぜかみなさんで頂いちゃいました~

シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ 2002

ドメーヌ・シャルル・トマ

ドメーヌ兼ネゴシアンでもあるシャルル・トマは、現在はヴァンサン・ソーヴェストルが率いるグループの傘下に入り、2002年からはビオディナミ栽培に切り替えて実践している。

このシャンベルタン・クロ・ド・ベーズはドメーヌものです。

優良年2002年ということもあり、綺麗な赤みが強いルビー色にレッドベリーの果実味は力強く、シルキーなタンニンがゆっくりと広がり、さすがグラン・クリュの風格を見せつけてくれました。

これはさすがに参加の皆さんもおいしい!と口々にいってらっしゃいました~あいにく飲み比べたワインがよりシャルル・トマのワインの引き立て役になったということもあるかもしれません。

Wine Stylesのブログ

そのあともフランスから持ってきてくださったチーズたちが勢ぞろいし、ワインもどんどん進んでいき、なんだかんだで15本は綺麗に皆で飲んでしまいました。

また、参加された皆さんが徒歩で帰れる距離にお住まいだったこともあり、夜中の12時を過ぎたころまで、楽しく飲んだくれました。

素晴らしかったのは、誰一人、ワインに飲まれなかったことです。

(どれだけワイン好きばかり集まったんでしょうね~)

そうこうして、会はお開きになり、私も帰ろうとしていたところ、またまた、さらにコアなお疲れ会にお付き合いさせていただき、そのあともう1本ワインを4人で頂いちゃいました~

次の日が定休日で良かったと心の底から感謝したそんな1月初めの土曜日の夜でした。

ワイン・スタイルズもこの4月でで3周年を迎えます。

ヴェール・エ・ブランさんのように皆様から愛される店を目指して頑張っていきたいと思いますので、皆様の応援よろしくお願いいたします!!

ペンギンtana

P.S.Very Special thanks to M.Honda, M er Mme Miyamoyo!

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!

新着ワインも続々新入荷中!


新着ワイン、ブログでご紹介したワインや食材も続々更新しています!!

ギフト仕様ラッピングでのご配送もできますよ!

通販サイトでも今月のおすすめアイテムは同様の割引になります!!

携帯電話のアドレスで登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除をして下さい。

詳しくはこちらのHPをご覧ください左下矢印

http://winestyles-shop.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です