シャトー・マルゴーが…

世界的に有機栽培のワインが増えています。

ビオワインという言い方もしますが、イコール美味しい訳ではないので盲目的に選ぶのも危険です。

ただ、美味しいワインとして完成しているのであれば最高ですよね。

フランスフランスでは2大銘醸地の一つ、ボルドー地方のワインワインは有機栽培、特にビオディナミ栽培に挑戦するワイナリーは他地区に比べ非常に少ないです。

気候や、ワイナリーの規模からすると全て管理するのに限界があるようです。

特に左岸のグランヴァン達では、ポンテ・カネなどが頑張っていますがなかなか他が追随できていません。

そこにニュースが。

Wine Stylesのブログ

ボルドー1級格付けのシャトー・マルゴーは、ビオディナミに挑戦している。

コンサルタントを雇って、現在、取り組む有機農法との違いを比較するという。

また、2009年ヴィンテージから初めて生産するシャトー・マルゴーのサードワインを、プリムール商戦で販売している。

秋には市場に出る。生産量は3000ケース、2012年は87%のカベルネ・ソーヴィニヨン主体のワインでタンニンの構造、フレッシュさ、柔らかさなどで、2011年を上回るという。

マルゴーは、英国の有名な建築家ノーマン・フォスターに依頼して、荘厳な地下酒庫と醸造施設を2年がかりで改築する計画を進めている。

シャトーが歴史的な建築物のため、設計に時間がかかるといいますが、トップシャトーが改革を進めることで周りの格付けシャトーたちも動き始めるかもしれません。

特に、ビオに向かわなくても素晴らしい酒質で、売れるワインである格付けシャトーですが、難しい挑戦を続けていく姿勢はさすがです。

ワイン・スタイルズワインのボルドーワインもいくつか有機栽培、ビオロジックやビオディナミのシャトーが増えてきています。

ナチュラルで洗練されたボルドーが増えてくると無敵ですね。

手ごろな価格のものを取り扱っておりますのでまずはお試しください!!

Ogaメガネ

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評販売中!

新着ワイン、ブログでご紹介したワインや食材も続々更新中!
新企画、「ワインと世界旅行、毎月厳選したワインをご自宅にお届け!」
毎月Ogaメガネが選ぶとっておきの2本がこのセットにしかつかない解説&ナビ付きでご自宅にお届けいたします!

http://www.winestyles-shop.com/products/detail.php?product_id=531

1 Comment. Leave new

1 ■ビオディナミ
シャトー ラトゥールも2009年からやってますよね。
マルゴーは一部パヴィヨン・ルージュにスクリューキャップを導入したり新しいこと(ビオディナミが新しいというべきかは別として)挑戦されてますよね。

ビオディナミ、これだけの生産者がするのですから必要ということなんですね。
http://ameblo.jp/deiss/

返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です