コンティ博士が…

今日は暑くなりそうですたいよう。

爽やかなスパークリングで乾杯シャンパンして下さい。

Wine Stylesのブログ
カヴァ・ブリュット・レセルヴァ NV

<サバルテス>

¥420(税込・70ml)

カヴァ特有の3品種、パレリャーダ38%、チャレロ31%、マカベオ23%に少量のシャルドネ8%を加えバランスを取り、特別オーダーで補糖を5.5g/ℓのドライに仕上げた上質な一本。

20か月を要する熟成で泡も細かく旨味もたっぷり、コスパに優れたカヴァです。

本日、カウンターで空いてますよーシャンパン!!

あのロマネ・コンティ赤ワインも、もしかして…

ニュースより

高級ワイン偽造の疑いで米ニューヨークの連邦検察当局に逮捕されたワイン収集家ルディ・クルニアワン被告の裁判で、ブルゴーニュを代表する造り手オベール・ド・ヴィレーヌ、クリストフ・ルーミエ、ローラン・ポンソの3氏が、検察側証人としてビデオ証言することがわかった。


ルディ・クルニアワン被告は、昨年3月、本物なら130万ドル(1億600万円)以上に相当するドメーヌ・ポンソの偽造ワインをオークションに出品した詐欺容疑などで逮捕された。


検察側は9月にマンハッタンで開かれる公判に3人を呼ぼうとしたが、収穫と重なるため、ビデオ証言になった。ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティの共同経営者ド・ヴィレーヌ氏は、2006年のアッカー・メラル&コンディットのオークションで1万2925ドルで落札されたクルニアワン被告出品のボトルが偽造だったと証言する予定。


クルニアワン被告は大量のロマネ・コンティのコレクターとして有名で、ワインコンティ博士と呼ばれていた。


ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ当主のルーミエ氏は、2006年のアッカー・メラル&コンディットのオークションで、9万5000ドルで落札されたボンヌ・マール1923年6本が偽造と証言する。ドメーヌがボンヌ・マールの生産を始めたのは1924年から。


ポンソ氏は、今回の逮捕に最も協力した造り手。2008年に開かれたアッカー・メラル&コンディットのオークションに出品されたドメーヌ・ポンソと称するワインには、1934年まで自家元詰めしていなかったクロ・ド・ラ・ロッシュ1929年や、1982年まで生産していなかったクロ・サン・ドニの45~71年が含まれていた。

酷いです↓

愛する赤ワインブルゴーニュにこんなことするなんて。

全く夢の無い話でワインを愛する資格がありませんね…怒り

ちなみに、ワイン・スタイルズワインの今月の世界旅行のブルゴーニュは紛れもなく本物ですよ(笑)


Ogaメガネ

新着ワイン、ブログでご紹介したワインや食材も続々更新中!
新企画、「ワインと世界旅行、毎月厳選したワインをご自宅にお届け!」
毎月Ogaメガネが選ぶとっておきの2本がこのセットにしかつかない解説&ナビ付きでご自宅にお届けいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です