ボルドーの葡萄収穫量が1991年以来最低!

Wine Stylesのブログ

フランスフランスで最も多くのワイン赤ワインを輸出するボルドー地方ワインのブドウの収穫高が1991年以来の低水準に落ち込むとみられている。

それでも、生産者らはワインの価格が下落する下と予想している。

買い手が他の産地の割安なワインに移行しているため。

仏政府のデータによれば、雹被害や夏季の腐敗などによりブドウの生育に影響が出たため、ボルドー地方のワイン生産は今年、23%減少し407万ヘクトリットル(5億4300万本)となる見通し。

ボルドー地方のワイン業界団体UMBの責任者、アラン・シシェル氏によれば、需要軟化に加え品質が低下しているとの見方が広がっているため、シャトーの最高ランクのブドウ園は、2013年のビンテージのワインの価格を来年、25%以上引き下げる可能性がある。

ボルドー産ワインの指標となるLiv-ex50高級ワイン指数は3月のピークから7.6%低下。



年間ベースでは3年連続の下落となる可能性が高い。

同指数は11年に過去最高水準に達した。

フランスの昨年のワイン輸出総額78億4000万ユーロ(約1兆600億円)のうちボルドー地方は29%を占めた。

世界最大のワイン輸出国であるフランスから最大の輸入国である中国向けボルドー産赤ワインの輸出は昨年、1999年以降で初めて減少した。



グランヴァンと呼ばれるボルドーのトップシャトーが中国市場に向かい、円安を含めて日本市場では手に入らなくなっていましたので、少しでも価格が下がって日本でもそういったワイン達が飲めるようになればよいですね。



ただ、ヴィンテージの評価が低いとはいえ、早飲みもできるであろうと予想できますので、日本の景気回復と共に楽しめる日を待ちたいと思います。


2013年は収量が減っても質が落ちるとは限りませんから赤ワイン今から楽しみです。



Ogaメガネ


ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!



ブログでご紹介したワインや食材も続々更新中!
昨年秋より開始の新企画、「ワインと世界旅行、厳選したワインをご自宅にお届け!」
毎月Ogaメガネが選ぶとっておきの2本がこのセットにしかつかない解説&ナビ付きでご自宅にお届けいたします。

http://www.winestyles-shop.com/products/detail.php?product_id=560

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です