今年の優秀国産ワインはどうなるでしょうか?!

日本国内日本で栽培、収穫した葡萄ぶどうぶどうのみを原料とするワイン赤ワインに限定した「ジャパン・ワイン・コンペティション(国産ワインコンクール)2014」の審査会が24日、甲府市湯村の甲府富士屋ホテルで始まった。

 12回目となる今回、出品ワイン数は797点と過去最多で、ワイナリー数は24道府県の103社

実行委員会事務局の県地域産業振興課では「ワイナリー1社当たりの出品数が増えている。

このコンクールで高評価を得て市場価値を高めたいという造り手の意欲が年々、高まっている」と分析する。

 出品ワインの内訳は、欧州系品種の白が172点で最も多く、次いで欧州系品種の赤162点国内改良等品種の赤114点甲州種の辛口タイプ111点など。国内外の専門家ら25人の審査員が、色、香り、味わいなどについて採点する。

 審査委員長を務める酒類総合研究所(広島県)の後藤奈美部門長は「甲州種や国際的な人気品種にとどまらず、今年はオーストリア系やイタリア系、ドイツ系など日本では珍しかった品種も数多くあり、国産ワインの多様化がうかがえる」と話す。

 この日の1次審査で絞られた約半数が、25日の本審査に進む。審査結果の発表は8月4日で、県内会場とともに、今回初めて東京会場を設けて日本ソムリエ協会でも発表会を行う。表彰式は同30日に同ホテルで行う。

ワイン・スタイルズ赤ワインでも受賞ワインを多く取り扱っておりますので要注目ですね!!

 

Ogaメガネ

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!

ブログでご紹介したワインや食材も続々更新中!
大好評、「ワインと世界旅行、厳選したワインをご自宅にお届け!」
毎月Ogaメガネが選ぶとっておきの2本がこのセットにしかつかない解説&ナビ付きでご自宅にお届けいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です