今日はあの「キュヴェ・マリー」をカウンターで開けます!

今週は小笠原氏が入院していたため、田中が1人店番をしていますが、今日無事に最終日となりました。
締めはこれしかないと思って思い切ってカウンターでお出しします!

田中が昨秋イギリスのギフォーズ・ホール・ヴィンヤードより新キュヴェの相談を受けてアドヴァイス。
ワイナリーのオーナー夫妻が田中にリスペクトして、名前を冠したその名も
「キュヴェ・マリー2014」。

Giffords Hall 16.06.2015Cuvee Marie

<ギフォーズ・ホール・ヴィンヤード>
ライト・オーク・キュヴェ・マリー 2014

ライヘンシュタイナー100%用いて、フレンチオークで1部分を2か月樽熟成させたものとブレンドして造られました。

白い花のニュアンス、非常に透明感を感じさせ、柑橘系の生き生きとした果実味に綺麗なのびやかな酸が楽しめ、アフターにほんのり残るグレープフルーツのビターさが心地よい辛口。

特別価格 1杯70ml ¥700(税抜)

販売は9月某所からとなります。ご了承願います。

ぜひ本人目の前に試して感想下さいね!

tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です