ボネ・ポンソンの会@ル・プティ・トノー レポートの続き

ボネ・ポンソンの会の続きです。よろしければ、最初の部分もお読みください。

Wine Stylesのブログ

さて、メインディッシュに行く前にロゼを楽しみましょうということで、ロゼを1人1杯だけお出ししました。

ブリュット・ロゼ NV

このロゼは、コトー・シャンプノワの赤ワインを10%加えて造られるロゼなので、セニエ方法で造られるロゼとは色合いが変わってきます。

せっかくなので、ロゼ・シャンパーニュの造り方をみなさんでおさらいしながら、メインディッシュの登場を待ちました。

メインディッシュからはシャトー・ボネの登場です!Wine Stylesのブログ

Bavette de Boeuf aux echalotes et pommes frites

(sauce vin rouge)

はらみ肉のステーキ 赤ワインソース、エシャロットソテーとフレンチフライ添え

いかにも!フランスのカフェのようなフライド・ポテト満載のメインです。

シャトー・ボネ フロントン・トラディション2007

地場品種ネグレットを中心に造られたこのキュヴェは、カシスやブラックベリーの濃厚な果実味とスパイスのアロマがあるので、こういったステーキとは相性がとてもいいですね。

はらみも噛めば噛むほど旨味が口の中で広がり、後からワインが旨味をうまく呑み込んでいきますね。

Wine Stylesのブログ

その後はお任せのチーズ盛り合わせを出していただきました。

残りのフロントン・ルージュと飲み比べで

シャトー・ボネ フロントン・ロゼ 2008

2008年は雹の影響で、全部ロゼにして詰められたというヴィンテージとしては難しい年でしたが、飲んでみると苺のような甘やかなアロマと口に含むとベリーの果実味とスパイスが感じられ、アロマをいい意味で裏切る辛口ロゼ。

これはみなさん驚いていました!こういうタイプのロゼはあまり飲んだことがなかったそうです。

個人的にはこのロゼ、かなり好きなので、毎年造ってもいいのでは?と思ったのですが、今年、シリル・ボネさんにお会いして彼の野望を伺ってからはまぁ、気が向いたときに造るのでもいいんだろなと思いました。

ちなみにシェーブルチーズとの相性は難しかったですが、熟成した白カビやミモレットとはまぁまぁでした。

せっかくなので、この後、締めシャン?ロゼということで、ロゼ対決させました!

Wine Stylesのブログ

最後に今回主催の柳田さんと飲んだワインボトルを囲んで、写真撮影しました!

見事ですね!

昼から1人1本完飲ですよ!

恐るべし、シャンパーニュ・ラヴァーの皆様です。

残ったらスタッフの方にも飲んでいただきましょうね~なんて話していたのですが、1滴も残りませんでした・・・

今回、企画を立ててくださり、またやりましょうとおっしゃってくださった柳田さん、ご参加くださった皆様には本当に感謝いたします!

ありがとうございました!

そして、この後、店に戻って頑張って仕事しましたペンギンtanaでした・・・

ペンギンtana

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!

Nouveau 2011ご予約承り中!


新着ワイン、ブログでご紹介したワインや食材も続々更新しています!!

ギフト仕様ラッピングでのご配送もできますよ!

通販サイトでも今月のおすすめアイテムは同様の割引になります!!

携帯電話のアドレスで登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除をして下さい。

詳しくはこちらのHPをご覧ください左下矢印

http://winestyles-shop.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です