お誘いコラボワイン会@浅草橋Choiさん

Facebookfacebookで知り合いになったiroha168
やすこ店長さんから、知り合いの浅草橋のワインバーChoi
さんがワイン会をするので、「コラボしませんか?」とお誘いを受けて行ってまいりました!

ちなみにこの会が催されたのが10月1日です。

えーっと今日は何日ですかね。サボってすみません。

こちらのChoiさんは毎月ワイン会をしていらっしゃるそうで、今回は同経営の上海ブラッセリー
さんの中華料理とワインを楽しむという企画に参加しました。

その中から気になったワインについてお伝えします。

私が言うまでもありませんが、最近の日本ワインの飛躍には目を見張るものがありますね。

そんな中、日本ワインのリーディングワイナリーの1つともいえるシャトー・メルシャンでは、

2009年より醸造所内の大改革が行われ、選果台の増設、新しい発酵タンクや窒素ガス充填設備の完備、タンクや樽庫内の温度管理の完全なコンピューター化など・・・醸造設備の拡充が図られました。

そういった全体のレヴェルアップの一環として、新商品が開発され、この夏、8月にスタンダードレンジの新シリーズであるアンサンブル、萌黄、藍茜がリリースされました。

何がアンサンブルなのかというと、日本の固有品種(交配品種を含む)と国際品種をブレンドしており、キュヴェの名前は、葡萄の色を日本の伝統色に重ね合わせているとのこと。

Wine Stylesのブログ

まずは、白の萌黄 2009です。

これは、福島県会津美里町新鶴地区、長野県北信地区上田市のシャルドネ96%に山梨の甲州4%をブレンドし、ステンレスまたはオーク樽で熟成約18か月。生産本数約15000本。

ほんのりグレーがかった淡いイエローに林檎や白桃のコンポートにヴァニラのアロマが感じられ、果実味と酸共に柔らかく、アフターに香ばしさが残ります。

この日ださていたお料理では、烏賊とセロリの中華和え、春巻きと相性が良かったですね。

Wine Stylesのブログ

赤の藍茜 2008です。

こちらは、長野県塩尻市・上田市のメルロ68%、山梨のマスカット・ベリーA27%、同じく山梨のベリー・アリカントA(ベーリーとアリカント・ブーシェの交配品種)5%ブレンドし、オーク樽で28か月熟成。生産本数約43000本。

紫の濃いガーネット色にブラックカラント、スパイスや土のアロマが感じられ、凝縮感の感じよりはまろやかな果実味と酸が味わえました。

この日のお料理では、チンジャオ・ロースーと相性が良かったですね。

何よりこのシリーズを飲んで思ったのは、バランスがいい!ということです。いやー、びっくりですね。

で、この日のワイン会のワインはすでに準備済みでしたので、私はかぶらないワインでメニューの中華料理と合うワイン・スタイルズのワインをお持ちしました。

Wine Stylesのブログ

そうこうして選んだのはこちら
1.フロントン・ロゼ 2008 シャトー・ボネ

ネグレット主体で造られる辛口ロゼ。

2.メネトゥ・サロン・ルージュ 2008 ドメーヌ・ジャン・テイエ

ピノ・ノワール100%で造られるミディアム・ボディの赤。2008年は優良年。

フロントン・ロゼは鳥レバーの七味揚げ煮とメネトゥ・サロン・ルージュは酢豚といいマリアージュをしておりました。

この後、お店の1階に移り2次会をしていたら、(参加していた皆様1次会だけでもすでに1人1本飲んでいました) 今度はクリスマスクリスマスツリーワイン会をちょっといいワイン飲みながらしたいよね!という話になり、なんと!ワイン・スタイルズのワインとChoiさんのお料理のコラボでやりましょうという話に決まりました!

というわけで、今年最後のワイン・スタイルズのワイン会ですが、12月に浅草橋Choiさんにて開催いたします!

詳細は、別のブログで近日中にご案内したいと思います。

お楽しみに!

ペンギンtana

P.S. Special thanks to Yasue-san & Arai-san!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です