イングリッシュワインの会@浅草橋カメレオンさん レポート

Wine Stylesのブログ
先日浅草橋にある天空のビストロ カメレオン
さんにて開催した
「今年のイギリス年にちなんでイングリッシュワインを楽しむ会」
よりレポートをお送りします~

そもそもペンギンtanaの個人的な希望で考えたこんなマニアックな会にみなさん来てくださるのかすごく心配だったのですが、何と!総勢24名もお集まりいただきまして、ご参加いただいた皆様本当にありがとうございました。

梅雨空の中、天気も気になってはいましたが、何とか持ちこて耐えてくれたので、テラスも開放することができました。

というわけで、壁にもテーブルにもユニオンジャック満載で会が始まりました~

この会は、イギリスの雰囲気を楽しむことが第一目的の少し気軽な会でしたので、全部のお料理にワインをマリアージュさせたわけではありません。あしからず。

Wine Stylesのブログ
乾杯は、もちろんこのスパークリングで始めました!

リッジヴュー・ワイン・エステイト・フィッツロヴィア2009

何回もこの話を書いていますが、このフィッツロヴィアの2004年ヴィンテージは、昨年のオバマ米大統領の英国訪問のエリザベス女王主催の公式晩餐会で供されたものですので、この会の乾杯にふさわしいと思い選びました!

また、シャルドネが50%使用されていることもあり、キリッと引き締まった酸とミネラルが楽しめるので、蒸し暑い夜のアペリティフには最適だったと思います。

この日は、パテ・ド・カンパーニュサンドイッチやリエットのカナッペ、富士鶏のサラダ仕立てなど、カメレオンさんらしいフレンチテイスト満載の前菜が用意されました。

私が写真を撮ろうとする暇もなく・・・みなさん、美味しそうに召し上がっていらっしゃいました。



Wine Stylesのブログ
この日は、こんな感じにサービスさせていただいていたので、ワインやお料理の写真が間に合いませんでした。

全くの余談ですが、イギリスの会ということで、私気合を入れてリバティープリントのシャツを着ていましたわけです。

どなたにも気づかれないので、自分から一生懸命言っておりましたが(笑)

この場面で振る舞っているのは、新入荷の
デンビーズ・ワイン・エステイト ホワイトダウンズNV

です。セイベル・ブラン100%を使用し、シャンパーニュ方式で造られたのがこのスパークリングワインです。セイベル・ブランはイングランドで一番栽培されている品種です。
ちなみにセイベル・ブラン以外の主要な白ブドウ品種を言うと・・・
ミュラー・トゥルガウ、フクセルレーベ、マデレーヌ・アンジュヴァイン、ライヘンシュタイナー、シュロンベルガ―、バッカスです。
この品種だけで植えられている全体の70%になります。
Wine Stylesのブログ

今回は、カメレオンさんに無理を言いまして、イギリステイストの料理をシェフに盛り込んでいただきました!

小椋シェフ、ありがとうございます!

そして、このホワイトダウンズに合わせたのが、イギリス料理といえば、誰でも知っている!、そうあのフィッシュ&チップスです。

Wine Stylesのブログ
サービスの合間に私も皆さんにサーソンズのモルトヴィネガーの説明しながら、ちゃっかり頂きましたよ!

確か以前ブログでサーソンズのことを書いたような気がする・・・と思っていたら、気のせいではありませんでした。

というわけで、サーソンズって何?という方は、こちら
をご覧くださいね。

もちろん、ヴィネガー苦手の方のためにタルタルソースもありましたよ。

この日の真打はこの後まだ続きます!

ペンギンtana

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!



新着ワイン、ブログでご紹介したワインや食材も続々更新中!

ギフト仕様でのラッピングも承ります。

通販サイトでも今月のおすすめアイテムなど同様の割引となります。

携帯電話のアドレスにて登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除願います。



詳しくはオンラインショップご覧願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です