フェルミエさん27周年記念イングリッシュナイトの参加レポート

先日チーズ屋のフェルミエさんの27周年パーティー、「イングリッシュナイト」が行われまして、参加させていただきました。

というのも、ワイン・スタイルズが輸入するイングリッシュワインがこのパーティーで供されたからなんです~


Wine Stylesのブログ
というわけで、どんなに素晴らしいディナーだったのか振り返り、ご紹介したいと思います!


毎年テーマを決めて○周年パーティーを開催していらっしゃるとのことで、今年の27周年はタイトル

「イングリッシュナイト

でイギリスがテーマだったのです!

Wine Stylesのブログ

この日は受付を済ませるとイングリッシュチーズとアイリッシュチーズを試食しながら会をまつという何とも素晴らしいお出迎え!


この後が本番だというのに、ついつい食べ過ぎました~(><;)





Wine Stylesのブログ
前菜


うるいと帆立とクルマエビの黄身酢掛けスティルトン添え

海老とハードゴートチーズ揚げと蕗の薹の香り

鮟鱇肝と鮭燻とビーコンフェル・トラディショナル・ランカシャー巻


今回のお料理のすごいところは、料理長が3か月チーズを食べ続けて、コースの全部のお料理に何かしらのイングリッシュもしくはアイリッシュチーズが使ったコースになっていることなんです!


この前菜にはデンビーズ・サリー・ゴールドが供されましたが、どれも問題なく合ったことにも感動です!

Wine Stylesのブログ

温物


春野菜と鱶鰭の玉地蒸したっぷり生姜餡をかけて


蓮根と慈姑せんべいとウェンズリーデイル・ジンジャー


この茶碗蒸しだけでも十分美味しいのですが、ウェンズリーデイル・ジンジャーをいれるとより一層生姜の香りが引き立ち、うまみが増しました!

これもサリー・ゴールドとも相性良しです!


Wine Stylesのブログ
造り


花氷盛り 河豚のスティルトン法蓮草巻、鮪と烏賊

妻いろいろを添えて、アボカド醤油


やはり刺身にチーズを合わせるのが一番難しいんだろうなと思いましたが、そこはつけるのを単なる醤油にしなければいいのですよね。このアボカド醤油にはびっくりしましたし、またスティルトンをつけても全く問題なく、美味しくいただいたのとここからローズヒルのロゼが供されたのですが、これまた素晴らしい食べ合わせでもううなるしかありませんでしたね~!

Wine Stylesのブログ
焼物


ずわい蟹甲羅焼き

ビーコンフェル・トラディショナル・ランカシャーと共に


ずわい蟹がふんだんに使われているのもびっくりなんですけど、上に野っているランカシャーチーズがまたいい!

牛乳から作られたセミハードタイプで2か月熟成したものですが、バターのようなクリーミーさがあるので、焼いた香ばしさとズワイの甘みをきれいに丸くまとめてくれたうえでロゼを飲むとまた一味味わいに深みが出て素晴らしいマリアージュでした!


続く・・・


ペンギンtana


ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!

ブログでご紹介した新着ワインや食材も続々更新中!
昨秋からの新企画、「ワインと世界旅行、厳選したワインをご自宅にお届け!」
毎月Oga
が選ぶとっておきの2本がこのセットにしかつかない解説&ナビ付きでご自宅にお届けいたします


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です