2010ワイナリー訪問記・2 ジル・ジュルダンさんに会う

この訪問記は、いつもの色々なご案内の隙間に書いているぺーんので、気長にお付き合い頂けると嬉しいですニコニコ。

Wine Stylesのブログ
さて、前回は日焼けクリームを塗らずに、肌がヒリヒリ日焼けするのを感じつつも3時間近く自転車自転車をこいでジル・ジュルダンさん宅に向かったところまで書いたような気がします。

ジル・ジュルダンさんに「こんにちわ」と挨拶した後、「ボーヌから自転車自転車で来たの」といったらえっはてなうさという顔をされてました。

後から思えば当然です。

というわけで、私達を心配してくれた心優しいジルさんは、冷えたお水mineral waterを持ってきて下さいました。

そんなジルさんも畑仕事の為か、全身真っ赤に日焼けていましたが。

ジル・ジュルダンさんについては今までのブログでも少し触れていますが、ここで簡単におさらいmemo
Wine Stylesのブログ

1872年から続く蔵元で、1997年からドメーヌを切り盛りしているのが、今回お会いした6代目のジル・ジュルダンさん。

ジルさんは、ドメーヌを引き継ぐまで、ネゴシアンのアルベール・ビショーで働いていました。

その関係で日本にも来たことがあるとのこと。スキーが大好きだから、冬の日本に行ってみたいよねとお話されていました。

元々、ブルゴーニュ・アリゴテ、ブルゴーニュ・ピノ・ノワール、コート・ド・ニュイ・ヴィラージュの畑を所有していたのですが、ジルさんの代になってからコート・ド・ニュイ・ブランとコート・ド・ニュイ・ヴィラージュ“ラ・ロビニョット”(これはモノポールです)を開始しました。

さて、試飲開始です白ワイン

Wine Stylesのブログ

5年前に畑を取得して、2007年ヴィンテージが初となるコート・ド・ニュイ・ブランを試しました。

あまり新樽を使うのは好きではないとのことで、使っても5~15%とのこと。

この2007年はフレッシュさとエキゾチックフルーツの果実味のバランスを保ちたいとのことで、12%新樽使用です。

パイナップルのようなジューシーな果実味と香ばしさがあり、酸も中程度の為、非常にリッチな味わいでした。

たった1500本のみの生産。

このキュヴェは、ワイン・スタイルズでも取り扱いたいですね~パチパチ

次にピノ・ノワール赤ワインです。

とても全部は書ききれないので、興味深かったものについてのみ書き記します。

Wine Stylesのブログ
近年のヴィンテージについて聞いてみたところ、

「2007年は、ドメーヌを受け継いで10年間やってきて、果実味と酸のバランスが完璧で、理想の出来映え。こういうスタイルが造りたかったんだ!

2008年は07年より強いスタイル。30年くらいは持ちこたえるし、その頃がちょうどいいんじゃないかな。

2009年?2009年は、通年より暑く8月に葡萄が完熟したから、9月の15日から収穫を始めたんだ。酸が低めで、発酵時はアルコール度数が14℃もあったんだ。今現在、樽からの試飲で美味しい状態なんだ。何年持つかなんて誰もわからないよね。」

というお話でした。

上の写真の左が2007年コート・ド・ニュイ・ヴィラージュ
、右が2008年コート・ド・ニュイ・ヴィラージュです。

色の違いが分かるといいのですが。

ダークチェリーの果実味にバターのようなクリーミーさがあり、シルキーなタンニンが溶け込んでいく非常にエレガントな2007年に対して、2008年は、果実味にかなりの凝縮感があり、タンニンもまだピチピチしていました。

一通り試飲をしたところで、畑を見に行くことになりました。

つづく・・・

ペンギンtana

ワイン・スタイルズ通販サイト始めました!

新着ワイン、ワイングッズも徐々に更新しています!!

只今新規会員登録のお客様に500Ptプレゼント延長実施中&フルーツワイン抽選応募中

携帯電話のアドレスで登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除をして下さい。

詳しくはこちらのHPをご覧ください左下矢印

http://winestyles-shop.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です