2010ワイナリー訪問記14・コム・ルーゼさんに会う その2

Wine Stylesのブログ

ちょうどテイスティングルームを出たら、パパのジャックさんが登場したので、ルーゼ家の記念撮影をさせていただきましたカメラ

コムさん、かっこいいハートぃっぱぃと思っておりましたが、かなりのパパ似でした。

さて、車に乗り、一番近くにある畑へと向かいました。

なんせこの日は、この後、ロワールからシャンパーニュにわたり、そのあと、パリに戻り、イングランドに行くという強行突破の日だったので、いろいろと畑を見せていただきたかったのですが、時間がありませんでした長女A

Wine Stylesのブログ

車はこの前にとまったのですが、「なんだろう、これ?」と思って聞いてみると、Eolienne(エオリエンヌ)とのこと。

特に寒い春などに寒すぎて葡萄がだめにならないように右側の煙突から暖かい風を出してあげるとのこと。

そうすると寒さをしのげるというわけです。

ちなみにこの2010年も春は寒かったので、使ったそうです。

区画ごとくらいに立っているので、まんべんなく畑を温めることができます。

Wine Stylesのブログ

遠くから見るとこんな感じですね。

左側の煙突に風車がついていて回すので、エオリエンヌ、フランス語でいう「風車」と名付けられているそうです。

Wine Stylesのブログ

連れてきてくださったのは、ワイン・スタイルズでも一番需要が高い、カンシー・トラディションの区画。

コムさんが説明してくださりながらも、日差しの具合をチェックしていました。

あまり葉っぱを取り除きすぎても葡萄が完熟しすぎてだめになってしまうので、バランスが難しいとのこと。

2010年は今のところ、順調だとお話ししていました。

いつも通りなら、2011年の3月にビン詰めかなと話してました。

Wine Stylesのブログ

朝、10:30くらいなのに既に日差しが強く、サングラスがないとかなりまぶしく暑くて、コムさんがきれいに日焼けしていたのも納得でした。

真ん中に生えている草も葡萄の樹の温度もうまくコントロールするのに必要なので、あえて抜いてしまわないそうです。

おかげで少し畑を歩かせていただきましたが、ふかふかとしていました。

というわけで、本当はもっとお話を聞きたかったのですが、コムさんも忙しそうでしたし、(この時期は意外にすることがたくさんあるとのこと)私の時間もなかったので、この畑でさよならしましたバイバイ

おかげで、ワイン・スタイルズにも無事2010年のカンシー・トラディションが入荷してきましたので、ぜひお試しくださいね!

つづく・・・

ペンギンtana

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!


新着ワイン、ブログでご紹介したワインや食材も続々更新しています!!

ギフト仕様ラッピングでのご配送もできますよ!

通販サイトでも今月のおすすめアイテムは同様の割引になります!!

携帯電話のアドレスで登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除をして下さい。

詳しくはこちらのHPをご覧ください左下矢印

http://winestyles-shop.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です