2011ワイナリー訪問記2・エルヴェ・ミュラさんと歩くコート・ドール

$Wine Stylesのブログ
先日、

「この訪問記面白いですよね、楽しみにしています。」

という嬉しい声をいただいたのですが、それって、私の小不幸話のことじゃないですよね???

だって私の小不幸話なんて一緒にいると感染するし、話を聞いた人は、その場に一緒にいなくてよかったとしか思われないですもんね!ふふふ。

生産者の情熱や熱意をうまくお伝えできているんだと勝手な解釈しちゃいます(笑)

さて、今年のワイナリー訪問は、エルヴェ・ミュラさんとお会いするのからスタートです。

本当はディジョンの駅まで来てくださっての待ち合わせ予定だったのですが、駅前工事中ですよ、もう2年以上も。

$Wine Stylesのブログ

というわけで、車が入って駐車するスペースなんて皆無だったので、急遽Gevrey-Chambertinの駅で待ち合わせに変更です。

で、電車の時間まで余裕があったので、フランスに来てまで、なぜかPAULで朝ご飯ですよ。

そして、朝からちょっと食べすぎました・・・クロワッサン

ここはフランスなのをすっかり忘れておりました。

$Wine Stylesのブログ

去年は色々とトラブルに見舞われたこの電車の乗り方もすっかり慣れて、楽勝です!

ていうか、通訳の梅田さんが自動券売機で買ってくださって、私は、言われたとおりに小銭を投入しただけなんですけどね(笑)

$Wine Stylesのブログ

あっという間にジュヴレ・シャンベルタン到着。

駅の看板の横、見えるでしょうか?

ワインのボトル&グラスをモチーフにしたデザインが施されています。

こういうの可愛くていいですよね~

朝の8:30に待ち合わせしたのには訳があります。

「私、何度もブルゴーニュに来たことあるのに、ロマネ・コンティの畑見たことないんですよ・・・」

と昨年、通訳の梅田さんに話したところ、「えっ?ほんとですか?」とかなり本気で驚かれまして、今年は、ミュラさんにお願いして、コート・ドールも観光しながら、ミュラさんの畑も見つつ、ドメーヌまで連れて行っていただけるように手配してくださいました。

$Wine Stylesのブログ

こんなツアーを快く引き受けてくださるなんて、ミュラさんもありがとうございます。

というわけで、朝早くから、めちゃめちゃ観光客の私ですこども女の子

ミュラさんには弟さんがいまして、もちろん弟さんもヴィニュロンです。

ミュラさんが造るマルサネは、弟さんが葡萄栽培をして、その葡萄をミュラさんが買い取り、醸造を手掛けています。

$Wine Stylesのブログ

その弟さんは、オスピス・ド・ボーヌのマジ・シャンべルタンの畑を持っているというので、そちらを見に行きました。

これが、オスピス・ド・ボーヌの印です。

赤字で回りの石のところに書いてあるんですが、この写真じゃ見えないですよね・・・

$Wine Stylesのブログ

ちなみにオスピス・ド・ボーヌとは・・・memo

ボーヌにある慈善施療院のことで、元来恵まれない人々に医療サービスを提供する病院でしたが、次第に近隣の貴族から病院にお金の代わりにブドウ畑が寄進されるようになり、その畑から造られたワインの売上収益がオスピス・ド・ボーヌの運営費用にあてられるようになりました。 現在建物は博物館になっています。

現在、寄進された畑はトータル65ヘクタール、そのうちの85%がグラン・クリュ&プルミエ・クリュです。

また、オークションで、瓶詰前の樽の状態のワインがオークションで販売され、その収益は、恵まれない人たちへの医療サービスに使われています。

ミュラさんは話しながら、弟さんの畑なのにずかずか入っていき、葡萄をチェックしながら、余分な葉っぱを取りのぞいていました朝顔のはっぱ

気になるんでしょうねぇ、やっぱり。

つづく・・・

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!

新着ワイン、ブログでご紹介したワインや食材も続々更新しています!!

ギフト仕様ラッピングでのご配送もできますよ!

通販サイトでも今月のおすすめアイテムは同様の割引になります!!

携帯電話のアドレスで登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除をして下さい。

詳しくはこちらのHPをご覧ください左下矢印

http://winestyles-shop.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です