【9月23日のお知らせ】本日「世界中のちょっといいワイン飲みましょう!」開催です。

今月もあっという間に「世界中のちょっといいワイン飲みましょう!」開催日です!
今月はまだ暑さも残っているので、ボルドーの白ワインを楽しんでいただきます!

開催日9月23日(金)*金曜に完売してなければ24日(土)も引き続き開催します。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

シャトー・コスデストゥルネル・ブラン 2011 

コス・デストゥルネルといえば、言わずとも知れたフランス・ボルドー地方サンテステフ村のメドック格付2級のスーパーシャトー。
このシャトーの赤ワインは飲んだことがある方も多いと思いますが、今回はコス・デストゥルネルが2005年より造り始めたシャトー・コス・デストゥルネル・ブランを楽しんでいただこうと思います。

このメドック地区では、言うまでもないですが赤ワインが多く生産されていますが、白ワインも少量生産されております。
現シャトー・コス・デストゥルネルCEOであるジャン・ギョーム・プラッツ氏がメドック最高の白ワインを造るというコンセプトのもとに砂と粘土砂礫の小石 が転がる2.3haの畑にソーヴィニョン・ブランとセミヨンを植樹し、収穫は手摘みで行われ、1年古樽にて熟成を経てリリースされたワインは、「ファース ト」の意味も込めて、「シャトー・コス・デストゥルネル・ブラン」という名がつけらています。

2011年ヴィンテージはというと、ソーヴィニョン・ブラン67%、セミヨン33%のブレンド。
あたたかな春だったゆえ、発芽は早く、ジロンド川の涼しい風にさらされながらも、順調に生育して6月のじりじりとした暑さの2日間も無事に終わりを迎えました。
収穫前の熟度テストでソーヴィニョンブランを2回(8月29日からと9月10日から)に分けて収穫。セミヨンは熟度のペースがソーヴィニョン・ブランより遅かったので、9月15日と19日のやはり2回に分けて収穫。
おかげで、白桃やパイナップルのようなフルーツの複雑味あるアロマとアフターにはミネラリティーがしっかり感じられるスタイルになったとのこと。

今月は、こちらのワインにチーズを添えて一緒にお出しします。

1杯70ml(10杯限定) 1,500円(税抜)
どうしても飲みたい方ございましたらご予約承りますので、お手数ですがメールもしくはお電話いただけますようお願いいたします。

ぜひ皆様のご参加お待ちしております

tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です