【6月20日のお知らせ】本日は「毎月20日ワインの日」ご紹介!

お店の店頭一番前に置くようになってから一気に注目度浴びてる「毎月20日ワインの日」でご紹介してるワイン達。
今月も20日がきたので、ご紹介します!
今月はフランス・ボルドーよりこちらをご紹介!
シャトーラネッサン 1994 750ml ¥5,850(税抜)

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

シャトー・ラネッサンは、サンジュリアン村にあるシャトー・グリュオー・ラローズの畑の反対側のキュサックに位置する45ha あるシャトー。1972年にベルトラン・ブーティエ氏から息子のユベール氏に継承。現在は、エノロジストのエリック・ボワスノがコンサルを務めている。
現在は平均樹齢30年で、植樹比率は60%カベルネ・ソーヴィニョン、35%メルロ、4%プティ・ヴェルド、1%カベルネ・フラン。
クリュ・ブルジョワ・シューペリウールに格付けされているけれど、1855年のあのメドックのワインの格付けをやり直せば、おそらく五級シャトーの地位を得られるのではないかという高い評価を受けているシャトーの1つです。
そして、このシャトーの特徴と言えば、新樽率の使用が低いので、かなり骨太のたくましいタイプのワインが造られます。
ラネッサンに関してはカベルネ・ソーヴィニョン、メルロそしてプティ・ヴェルドを使用。

某評論家は81~83点と評価するこの1994年ですが、先日試飲したところ、綺麗なガーネットの色合いにブラックカラントの煮詰めた感じとスパイスのニュアンス、きめ細やかなタンニンは非常にまろやかになり、まさに今飲み頃を迎えています。
個人的にもこのスタイルがかなり好きで、店頭でも若いヴィンテージを取り扱ったりもしていますが、こういう造りのワインは長期熟成向きなので、偉大な年もいいですが、こういう難しい年ほど実力がわかるような気がします。

限定本数5本ですので、どうぞお早めに入手くださいね!

tana

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です