【3月20日のお知らせ】本日通常営業&「毎月20日はワインの日」のアイテムご紹介

今日は祝日ですが、通常営業しておりますので、ぜひお越しくださいませ。
さて、今月も20日がやってまいりました!

今回はペイル・ローズ3部作の最後のヴィンテージをご紹介です。これで最後ですよー!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

<ドメーヌ・ペイル・ローズ> コトー・デュ・ラングドック クロ・デ・シスト 1992 750ml ¥10,000(税抜)

 

ドメーヌ・ペイル・ローズは、ラングドック地方エロー県北部サン・パルゴワール村近郊にあり、ドメーヌの名前のペイルは土地の名前Peyresからとり、ローズは畑に転がる石の色に由来しています。またローズには現当主のマルレーヌ・ソリア女史の祖母の名字というのもかねています。そして、この地方最高のスーパースター生産者の1人としてその名を馳せています。

現当主のマルレーヌ・ソリア女史は、不動産業者をしていた1980年代にお客様に紹介しているうちに土地と建物に惚れこみ、自分で物件を購入してしまい、ドメーヌを開始。収穫以外は1人で全ての工程をこなしているという強者です。そして、ペイル・ローズの代表的ワインは、今回ご紹介のクロ・デ・シストとクロ・デ・シストと双璧をなすシラー・レオーヌです。

このクロ・デ・シストはシスト土壌の7つの区画に植えられたシラーを主体に仕込まれるキュヴェで、85%シラー、15%グルナッシュのブレンドで、僅か25hl/haという超低収量のブドウを使用しています。
このバックヴィンテージ1992年は、綺麗な熟成を経て、カシスリキュールを思わせる濃厚ながら柔らかい果実味にリコリスなどのスパイスが感じられきめ細やかなタンニンは完全に姿を変えて溶け込み、今まさに飲み頃。

最後のクロ・デ・シストは、シラー・レオーヌとぜひ飲み比べていただきたいそんな1本です。

限定なのでお早めにどうぞ。
tana

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です