【1月20日のお知らせ】本日「世界中のちょっといいワイン飲みましょう!」開催です!

昨年末にご案内しておりました、1月の「世界中のちょっといいワイン飲みましょう!」ですが、本日開催日です!

今月は、オーストラリア南東部にあるタスマニア島の最強ワイン!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

<ドメーヌ・A> カベルネ・ソーヴィニョン 2006 

ドメーヌA、ストーニー・ヴィンヤードは、1973年にパーク夫妻がタスマニア南部、コール・リバー・ヴァレーに0.5ha の畑に葡萄を植えたのが始まりで、現在はピーターとルース・アーサウス夫妻が継承し、20haの畑を所有。
瓶詰後5年位の間に飲んでおいしいワインはストーニー・ヴィンヤードのレーベルで、より厳選された特定の葡萄から良年のみに造られるプレミアムワインはドメーヌAのレーベルで造られ、どちらもヨーロッパの伝統的な造り方を基本にしたスタイルのワインに仕立てられていますが、ニューワールドの最新の技術を用いてオーストラリアのその土地の個性を生かしたワイン造りを実践しているワイナリーでもあります。年間たった1600ケースしか生産しないところにそのこだわりを垣間見ることができます。

北向きの丘の上にある葡萄畑は温和な海洋性気候に恵まれ、雨量も年間を通して少ない地域で、長く乾燥したおだやかな気候の中、成長期にゆっくりと時間をかけて熟した葡萄は凝縮感にあふれ、アロマも豊かで繊細さと凝縮感を備えた味わいになります。

このカベルネ・ソービニヨンはフラッグシップワインであり、ドメーヌAの他のワイン同様に優良年のみ造られ、カベルネ・ソーヴィニョン90%、メルロ4%、カベルネ・フラン4%、プティヴェルド2%を使用し、フレンチオークにて2年熟成し、瓶詰、さらに1年のセラー熟成を経てリリース。
ブラックベリー、完熟ブルーベリーなどの黒系果実にラベンダー、アニスミントセージやスパイスといった複雑なアロマが広がり、凝縮感ある果実味と繊細なタンニンのバランスも良く、口当たりは滑らかな味わいのフルボディの赤ワイン。

今回もワインに合うチーズを添えてご用意いたします。

1杯70ml(10杯限定) 1,500円(税抜)

ぜひ皆様のご参加お待ちしております

tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です