【5月26日のお知らせ】本日「世界中のちょっといいワイン飲みましょう!」開催日です!

ブログの調子が悪くて、どうも告知もうまくいってなかった様子で申し訳ありません。

先月は8周年イベントもあったので、随分前に開催した感じに記憶が遠くなってしまいましたが、今月は舞台をアメリカ、カリフォルニア州ソノマ、ルシアン・ヴァレーに移し、素晴らしい1本を楽しんでいただこうと思います!
予約不要ですので、お気軽にお越しくださいね!

*本日完売してなければ、翌日の5月27日(土)も開催します。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

<デリンジャー・ワイナリー> ゴールドリッジ・ヴィンヤード ピノ・ノワール 1997

カリフォルニア州ソノマ、ルシアン・リヴァー・ヴァリーにて1973年にトム&キャロル・デリンジャー夫妻が設立。1975年に14エーカーの畑からスタートし、後に娘のカルメンとエヴァも参画し、数人のスタッフと共に40年以上に渡り、テロワールの特徴を最大限に活かすワイン造りを真摯に続けており、シャルドネ、シラー、ピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニョンを用いたワインを現在合計で7000ケースほどを生産。ワイン雑誌でも高評価を連発し続けており、ルシアン・リヴァーの先駆者の1人として大きな功績を残しています。

今回のピノ・ノワールは、ゴールドリッジという土壌へのオマージュでゴールドリッジ・ピノ・ノワールという名前になっており、この土壌のおかげでワインに活力を与えているとのことで1990年代中ごろから造り始めました。
1997年はロバート・パーカーが89点をつけており、90年代のデリンジャーの中では97と98年が秀逸だろうとバイヤーズガイドに書いています。

トム・デリンジャー氏はかなり頑固な性格のようで、なぜか輸出を望んでいないならしく、日本への正式な代理店がないので、顧客の予約で完売してしまうため、市場で見かけることができない「幻」のワインとなっていますので、今回1杯飲めるだけでも超ラッキーアイテムになること間違いなしです!
それも1997年のバックヴィンテージですよ。これは飲まなきゃ大損です!

今回もワインに合うチーズを添えてご用意いたします。

1杯70ml(10杯限定) 1,500円(税抜)

ぜひ皆様のご参加お待ちしております

tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です