【7月24日のお知らせ】8月の「世界中のちょっといいワイン飲みましょう!」のお知らせ

先週末も毎月恒例の「世界中のちょっといいワイン飲みましょう!」企画にご参加ありがとうございました。

7月に入り、この暑さのことを考え悩んでおりました。さすがにこの暑さで、店内涼しく?寒く?ても、赤ワインはハードル高いよねーって。
さらにこの企画の時は1杯しかお出ししないのも以前やっていたマリアージュテイスティングみたいにいろいろなバーションがあってもいいかなと。

というわけで、8月はたぶんこの暑さが続くと信じて、カリフォルニアの上質スパークリングワイン2杯飲み比べにしたいと思います!

開催日は8月25日(金)*なくなってなければ、翌日の8月26日(土)も開催します。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

写真左:<ドメーヌ・カーネロス>ル・レーヴ・ブラン・ド・ブラン 2008

写真右:<ドメーヌ・カーネロス> ブリュット・ロゼ キュヴェ・ド・ラ・ポンパドゥール NV
ドメーヌ・カーネロスは、フランス、シャンパーニュ地方老舗メゾン、テタンジェが、そのエレガントなスタイルをアメリカのカリフォルニアでも造り出そうと、アメリカのコブランド・コーポレーションと合同で、1987年にナパ・ヴァレー南のカーネロス地区、カリフォルニアでも最も冷涼な気候のブドウ栽培地の1つであり、シャンパーニュ・スタイルのスパークリングワインを造り出すシャルドネやピノ・ノワールの栽培には最適ということで設立されました。約142haの畑は初期のころから有機栽培に取り組んでいたのですが、2008年に自社畑すべてに、CCOF(California Certified Organic Farmers)の有機認証が与えられました。

ル・レーヴ・ブラン・ド・ブラン 2008は、ドメーヌ・カーネロスが造るトップキュヴェのスパークリングワインで自社畑のシャルドネ100%を使用。レモンや白い花のアロマに香ばしいアーモンドが感じられ、滑らかな果実味ときめ細かい泡が持続します。夢と名付けられているところからも、本家シャンパーニュ・テタンジェのトップキュヴェ、コント・ド・シャンパーニュのリフレクションを感じさせます。

ブリュット・ロゼ キュヴェ・ド・ラ・ポンパドゥール NVは、ヴェルサイユ宮殿にシャンパーニュ・ブームを起こしたと言われているルイ15世の愛妾「ポンパドゥール夫人」の名前が付けられています。ピノ・ノワールを主体にシャルドネが加えられています。ピノ・ノワールに関しては、プレスしたのち3日にスキンコンタクトさせたものに少量のピノ・ノワールの赤ワインを加えるというユニークな方法をとっています。そのためか、色合いも綺麗なサーモンピンクを呈しており、熟した白桃、ワイルドベリー、バラやジャスミンなどのアロマに溢れ、しっかりとしたジューシーな果実味が感じられる辛口スパークリングです。

今回もワインに合うおつまみを添えてご用意いたします。

2杯セット各70ml(10杯限定) 1,500円(税抜) *単品ではお出ししませんのでご了承願います。

ぜひ皆様のご参加お待ちしております

tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です