【12月30日のお知らせ】1月の「世界中のちょっといいワイン飲みましょう!」のお知らせ

昨日は今年最後の「Every Friday, Champagne Time 」にご参加いただきまして本当にありがとうございました。
また来年もこの企画は続けていきたいと思いますのでご期待ください。
さて、来年1月の「世界中のちょっといいワイン飲みましょう!」のご案内です。
新年はちょっと夢のある「冒険的な」カリフォルニアワインから始めたいと思います!

開催日:1月26日(金)
当日になくなってなければ、翌日の1月27日(土)も開催します。

予約必要ありませんのでお気軽にご参加くださいませ。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

<ステファン・ヴィンヤード>ラヴァンチュール・オプティマス 1999
オーナーのステファン・アセオ氏はフランス、ボルドー地方サンテミリオンのフルール・カーディナルやコート・ド・カスティヨンのシャトー・ロバンを所有していたこともあり、他のワイナリーのコンサルタントも15年ほど務める経験豊かな人物でした。
ところがフランスのAOCのルールに疲れてしまい、新天地に移ろうと1996年にフランスを離れ、色々と渡り歩いて見つけた先はアメリカ、カリフォルニア州パソ・ロブレス。
1980年代からシラーなどのローヌ系品種の新境地として注目されていたこの土地で、購入した土地の半分に葡萄を植樹し、ステファン・ヴィンヤードと自分の名前を冠したワイナリーを設立。
そして、生み出されたワインは言うまでもなく、すぐさま評論家からの高評価&高得点を得て、アセオ氏自身がパソの宝石とまでに呼ばれるほどになり、入手が難しい生産者の仲間入りとなりました。

今回のキュヴェ、オプティマスは、ワイナリーのフラッグシップキュヴェ、エステート・キュヴェのセカンドレンジになりますが、セパージュ比率はほぼ同じ割合になっています。1999年は、シラー52%、カべルネ・ソーヴィニョン44%、ジンファンデル4%。

ちなみにWAは92点。

今年もこの特別なワインを1杯70ml¥1,500(税抜き)にてご用意いたします。
今までの行ってきた回もそうですが、今回ばかりは正直なかなか入手が難しいワインです。

ぜひとも1杯味わっていただきたいと思います。
超ご期待くださいませ!
tana

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です