【3月20日のお知らせ】「毎月20日はワインの日」アイテムお知らせ

1か月は早いもので、もう今年も3月がやってきました。
というわけで、今月も毎月恒例の「20日のおすすめワイン」をご紹介致します!

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

テニメンティ・ルイージ・ダレッサンドロ>イル・ボスコ 1999 750ml ¥9,700(税抜き)
トスカーナ州南部にあるキアーナ渓谷に位置するテニメンティ・ルイージ・ダレッサンドロは、1967年ルイージ・ダレッサンドロ氏が買収により、当時この地方で主流であった大量生産を目的としたワイン造りをしてきました。ところが、1980年代後半にルイジ氏の3人の息子達に引き継がれてから、方針を真逆に転換し、量ではなく質を追求するワイン造りへと舵を取ることになります。
1988年にミラノ大学の農学博士で栽培学の権威であるアッティリオ・シェンツァ氏の指導の下、この土地に最適の品種を探すための実験でサンジョヴェーゼ、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロー、シラーの4つの品種で行ったところ、シラーが最適だと判明し新しく造られたのが、この「イル・ボスコ」で1992年が初ヴィンテージ。そして、1999年にはイタリア初のシラー品種によるDOC、「コルトーナDOC」が生まれました。

今回はその記念となった1999年ヴィンテージです!
非常に凝縮感ある黒系果実味にシラーらしいスパイ―シーさを感じながら、きめ細かなタンニンがたくさんあり、まだまだ若さも十分の楽しめる偉大なポテンシャルを秘めている1本です。フランスのローヌ北部のシラーを少し思わせます。
ワイン・スペクテーター誌90点獲得。

シラー好きな方はぜひお試しいただきたいアイテムです!
お見逃しなく!
tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です