【12月28日のお知らせ】1月の毎週金曜は「Every Friday, Louis Jadot Time」開催します!

先週末は今年最後のシャンパーニュタイムにご参加いただいた皆様ありがとうございました。
本当は1月の「世界中のちょっといいワイン飲みましょう!」ご紹介するはずだったんですが…

実はシャンパーニュタイム開催時にルイ・ジャド社の営業さんがいらして、1月の世界中の~アイテム悩んでるんですよと話したところ、全面協力するので毎週金曜日にルイ・ジャド・タイムやりませんか?と言ってくださったので、ちゃっかりその提案に乗っかりました!

というわけで、2021年最初は毎週金曜日にルイ・ジャドのゴージャスなピノ・ノワールを特別価格でご提供します!いつも通りお好きな回にいらしてください。全制覇ももちろんウエルカムです!
1本ずつしかありませんので、無くなり次第終了になりますのでご了承願います。

2021年1月毎金曜日開催「Every Friday, Louis Jadot Time」

ルイ・ジャドとは…1859年葡萄栽培家のジャド家ルイ・アンリ・ドゥニ・ジャドにより創設。ブルゴーニュの銘醸格付け畑を次々に取得し、20年以上前から化学肥料や農薬の使用をやめ、一部畑ではビオディナミ農法を実践。現在は約240haの自社畑を所有するブルゴーニュ有数の大ドメーヌへと成長し、また高品質のワインを提供するネゴシアン・エルブールとしても高評価を受けており、ラベルにはワインの神バッカスが描かれているのが特徴。

第1回 1月8日(

Exif_JPEG_PICTURE

<ルイ・ジャド>シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・サンティエール 2014 

1杯70ml¥1,500(税抜き)

ブルゴーニュの中で最も女性らしいと表現されるシャンボール・ミュジニー。レ・サンティエールの畑は、村の北側、レ・ボードとグラン・クリュのボンヌ・マールの隣に位置し、非常に小石が多い畑。3~4週間かけてゆっくり発酵させ、ルイ・ジャド社のトンネルカーヴで18か月熟成。可憐な美しさが楽しめます。

 

 

 

第2回1月15日() 

Exif_JPEG_PICTURE

<ルイ・ジャド(ドメーヌ・ガジェ)>ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・レ・ブード 2012      1杯70ml ¥1,500(税抜き)

レ・ブードは、ガジェ家が代々所有している畑で、ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュのレ・マルコンソールに隣接の境界に位置し、ニュイ・サン・ジョルジュでは一番北側に位置する畑。スモーキーなブーケが特長で、ややタンニンがしっかり感じられるワインであり、重厚で複雑味を伴った果実味、しっかりとした骨格を持ち合わせています。

 

 

 

第3回1月22 日() 

Exif_JPEG_PICTURE

<ルイ・ジャド>ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・レ・スショ 2014 1杯70ml¥1,500(税抜き)

 レ・スショの畑は北をエシュゾー、南をロマネ・サン・ヴィヴァンとリシュブールの偉大なグラン・クリュに囲まれた素晴らしいロケーションに位置し、粘土質の強い石灰質と泥炭室土壌が、エキゾチックなスパイスのアロマを冗長するスタイル。WA92-94点。

 

 

 

 

第4回1月29日()  

Exif_JPEG_PICTURE

<ドメーヌ・デ・エリティエ・ルイ・ジャド>コルトン・グラン・クリュ 2014

1杯70ml ¥1,500(税抜き)

ジャド家が代々継承してきた由緒ある自社畑がエリティエ・ルイ・ジャドの表記になっている。アロース・コルトン、ラドワ、ペルナンエリアをカバーするのがこのコルトンで、粘土石灰質土壌の畑から生み出され、複雑で力強く香り高いのが特徴。樽香も力強さを後押しするいい土台に感じられ特級の偉大さは健在。

 

 

2021年1人新年会的に楽しんでいただけたらと思います。ご予約不要ですので、お気軽にご参加くださいませ!
tana

Special thanks to 日本リカー株式会社 濱田さん

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です