【1月22日のお知らせ】本日「Every Friday, Louis Jadot Time」第3回目開催

コロナでの感染者数増加に伴い、緊急事態宣言出されましたが、昨年末にご案内していました1月の毎週金曜日カウンターにて開催の「Every Friday, Louis Jadot Time」は変更なく予定通り開催します。
今まで以上に感染対策して対応しますので、今回もご参加の皆様のご協力いただけますようお願い致します。

さて、もう3回目とは早いですよね。今日はこちらです!

ルイ・ジャドとは…1859年葡萄栽培家のジャド家ルイ・アンリ・ドゥニ・ジャドにより創設。ブルゴーニュの銘醸格付け畑を次々に取得し、20年以上前から化学肥料や農薬の使用をやめ、一部畑ではビオディナミ農法を実践。現在は約240haの自社畑を所有するブルゴーニュ有数の大ドメーヌへと成長し、また高品質のワインを提供するネゴシアン・エルブールとしても高評価を受けており、ラベルにはワインの神バッカスが描かれているのが特徴。

Exif_JPEG_PICTURE

<ルイ・ジャド>ヴォーヌ・ロマネ・プルミエ・クリュ・レ・スショ 2014 1杯70ml¥1,500(税抜き)

 レ・スショの畑は北をエシュゾー、南をロマネ・サン・ヴィヴァンとリシュブールの偉大なグラン・クリュに囲まれた素晴らしいロケーションに位置し、粘土質の強い石灰質と泥炭室土壌が、エキゾチックなスパイスのアロマを冗長するスタイル。WA92-94点。

グラン・クリュに匹敵する素晴らしい実力のワインなので、どうぞお楽しみに!
tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。