エル・ア・ターブル11月号にリッジヴュー・ブルームスベリーが掲載されています!

先日の日本橋三越さんや大阪の梅田阪急さんの英国展でも少しずつですが認知度が上がってきた「イギリスワイン」。

まだまだ「イギリスってワイン造れるの?」なんてたくさん聞かれますが、造れるどころか、美味しい上に評価も高いんですよと説明させてもらっています。

さて、またそのハイクオリティーなイングリッシュ・スパークリングワインをエル・ア・ターブルさん11月号に取り上げて頂きました!

IMG_4496

最近耳にする新しいワインの産地のカテゴリーの1つ、「冷涼地ワイン」。
イギリスも緯度が51度ということもあり、北海道よりも北にあるので、確実に冷涼な気候。その地で造られる酸の綺麗なタイプのワインはかなり注目されています。

リッジヴューは、言わずと知れたイギリスワインの中でもスーパースター生産者。

いま徐々に契約栽培の畑を増やしていて、来年は新しいカーヴができたりと快進撃は止まりません!

注目度満載のイギリスワインです!

エル・ア・ターブルさんもリッジヴューもお手に取ってみてくださいね!

tana

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です