ボネ・ポンソンの会@ル・プティ・トノー レポート

Wine Stylesのブログ
ちょっと遅くなってしまいましたが、ボネ・ポンソンのワイン会の模様のレポートいたします!

会場は、麻布十番にあるル・プティ・トノー
さん。

台風台風のあと少し涼しくなり始めていたので、シャンパーニュばかりじゃ寒くなっちゃうかなぁ?なんて思っていたら、この日はまた猛暑太陽が帰ってきました!

まさにシャンパーニュシャンパン日和!

Wine Stylesのブログ

みなさん揃ったところで、

シャンパーニュ・ボネ・ポンソン ブリュット・プルミエ・クリュNV
で乾杯です!

今回は、シャンパーニュ好きという方ばかりでしたが、それでもRMの小さな生産者を飲んだことがある方は少なく、簡単にですが、シャンパーニュの造り方やいろんな違いなどを簡単にお話しさせていただきました。

ティエリー・ボネさんイコールフランス版高田純次さんの話はみなさん大きく笑っていらっしゃいました。

かなりわかりやすい例えだった模様です。

たぶんティエリーさんは、高田純次さん知らないと思いますが(笑)

Wine Stylesのブログ

冷たい前菜は、

Assiette de Charcuterie

ニンニク風味のソーセージ、サラミ、生ハム、リエットと田舎風テリーヌの盛り合わせ

合わせたワインは、

シャンパーニュ・ボネ・ポンソン ブリュット・キュヴェ・スぺシアル2004

本当は、ブリュット・プルミエ・クリュを合わせていこうと思ったのですが、みなさん飲むペースが速くてですね、お料理が出てくる前になくなっちゃったんですね。

というわけで、シャルドネ主体のこのキュヴェだと合わせるのに難しいものもありましたが、リエットとは一番相性が良かったと思います。

何より、このキュヴェ・スぺシアルが熟成していて、まさに飲み頃!という感じでしたので、皆さんマリアージュよりもそちらに気を取られていらっしゃいました。

Wine Stylesのブログ

このあとは、温かい前菜、

Flammerkueche Tarte Flambee Alsacienne

アルザス名物タルト・フランベ


タルト・フランベはアルザスの郷土料理で、ピザみたいに見えますが、薄く伸ばしたパン生地にトマトソースを使わずに、フロマージュ・ブランを塗って、その上に玉ねぎと塩漬け豚ばら肉の刻んだものを乗せて、窯で焼いたものです。

これに合わせたのは、トップ・キュヴェの

ジュール・ボネ 2005

です。

これが実に素敵なマリアージュハートを醸し出しました!豚のジューシーな脂身と玉ねぎの甘さ、パイの香ばしさがブラン・ド・ノワールのピノ・ノワールにうまーく合うんですね~

そして、ボネ・ポンソンは樽熟成させますので、この香ばしさがちょうどよかったのかもしれません!

これにはみなさん、合う合う!とうなづきながら召し上がっていました!

つづく・・・

ペンギンtana

ワイン・スタイルズ、通販サイトでも厳選したワインを好評発売中!

Nouveau 2011ご予約承り中!


新着ワイン、ブログでご紹介したワインや食材も続々更新しています!!

ギフト仕様ラッピングでのご配送もできますよ!

通販サイトでも今月のおすすめアイテムは同様の割引になります!!

携帯電話のアドレスで登録される際には、winestyles-shop.comのドメイン指定解除をして下さい。

詳しくはこちらのHPをご覧ください左下矢印

http://winestyles-shop.com/


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 上野・御徒町・浅草情報へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です