今日のテイスティングワイン。

先日、イタリア、ヴェネト州のワイナリー、カ・オロロジオをご紹介いたしましたが、ものすごい売れ行きで早くも残り僅かになってまいりました。

そこで、私たちも飲みたいので(笑)、今日のカウンターでは特別に、白のサラローラと赤のカラオーネを開けちゃいます!

少しですが飲めるチャンスですのでお見逃しなく!

Exif_JPEG_PICTURE

左)I.G.T.ビアンコ・デル・ヴェネト・サラローラ 2013
70ml  ¥540(税抜き)
フリウラーノ40%、モスカート40%、リースリング20%をステンレスタンクで熟成。ストラクチャーを引き出すため発酵前に48時間果皮浸漬。花束を想わせるアロマに、エレガントな口当たりが実に心地よい。マリアが「自分のためにあつらえた白ワイン」と評する通り、フルーティでクリーンな味わいに、その朗らかな人柄とコッリ・エウガネイの美しい風景が感じられる。

右)コッリ・エウガネイ・ロッソ・カラオーネ 2011
70ml  ¥620(税抜き)
メルロ60%、カベルネ・ソーヴィニョン35%、バルベーラ5%。
フレンチ・オークのバリック(カベルネ&バルベーラ)&大樽(メルロ)12ヶ月熟成。ボルドーと同緯度にあり、17世紀からのボルドー品種の栽培を誇るエウガネイは、イタリアで唯一これらの品種をネイティヴ・バラエティーと呼べる地。そのテロワールが活きるこのキュヴェには、熟した果実のアロマと樽香が絶妙に溶け込んでいる。パワフルで芯のしっかりした口あたり。凝縮した果実とタンニンのバランスも素晴らしい。

週明けには店頭から無くなってしまうかもしれませんのでご興味ある方はお早めに!

Oga

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です