【4月21日のお知らせ】「毎月20日はワインの日」アイテムお知らせ

昨日が20日だったのですが、「世界中のちょっといいワイン飲みましょう!」開催日の為、告知で1日遅れですが、今月の20日のワインご紹介します!

Exif_JPEG_PICTURE

<マルケージ・デ・フレスコバルディ>カステッロ・ディ・ニッポザーノ キャンティ・ルフィーナ・モンテソーディ 1998
750ml ¥9,670(税抜き)

フレスコバルディ家は、歴史は12世紀に遡れるほどの名門であり、フィレンツェが最盛期を迎えていた中世の時代には力を強めていき、ルネッサンスの開花とともに重要なプロジェクトの支援者となりました。
イタリアワインに関しても土地を大事にして追求し、ひいてはトスカーナの文化を推奨し、伝承していくという大きな野望を秘めたワイナリーへと成長していきました。

そして、フレスコバルディはトスカーナで最初に外来種の栽培に取り組み、また醸造や熟成には古くからステンレスやフレンチオークの樽を導入するなど、伝統を尊重するとともに最新の技術にも積極的に挑戦し続けてきました。そして、ルーチェの名でご存知、ロバート・モンダヴィともコラボし、更なる光の当たるワインを生み出しています。

トスカーナ最高の地に9つの自社畑を持ち、テロワールの個性を活かした最高品質のワインを造っていますが、今回のモンテソーディは、1974年に誕生。名前にあるニポッツァーノ城は、高名なキャンティ・ルフィーナの中央にそびえ、アルノ川の渓谷に面する山の斜面に位置しており、標高400mにあるぶどう畑で栽培されるサンジョヴェーゼ種を用いて、最良のヴィンテージにしか造られなく、ステンレス発酵後、オーストリアとフランス産の30hl用オーク樽12ヶ月熟成、瓶熟6ヶ月後リリース。優良年1998年は素晴らしいアロマと高貴な余韻が続くエレガンスのあるワイン。

限定数の販売になりますので、お早めにどうぞ。

tana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です